こんにちは、YuTaです。

前回は宮崎の青島から日南あたりの観光地の紹介をさせていただきました。

【奥さんも喜ぶ】自然が美しい宮崎に旅行しよう

今回は、宮崎の美味しい名物についてご紹介したいと思います。

こんなに美味しいものがたくさんあるとは!私たちは宮崎を侮っていました。

申し訳ございません!

では、早速まいりましょう!

 
スポンサーリンク

宮崎の美味しいもの

チキン南蛮

油で揚げた鶏肉に甘酢とタルタルソースをかけたあのチキン南蛮は、なんと実は宮崎県が発祥。

宮崎県が誇るソウルフード(郷土料理)なのです。

そのため、色んなお店で店々のこだわりのチキン南蛮をいただくことができます。

写真は、鵜戸神宮の参道にある水色の喫茶店(名称不明)でいただいたチキン南蛮です。

場所でいうとこの辺りになります。

まったく道が描かれていないのですが、左側にある「鵜戸観光土産店つるや」さんの横を抜けて神社に向かう参道にお店があります。

私は近畿の地元で食べるチキン南蛮はそれほど美味しいと思ったことがなくて、選択肢にあっても選ぶことがほとんどなかったのですが・・・

やっぱり発祥の地だけあって、食べてみたらとても美味しい!

生姜かな?の混ざった絶妙な甘辛さのテリテリの甘酢と、シャクシャクとした歯応えのあるキュウリの食感がよいオリジナルのタルタルソースの相性が抜群で、これはもう止まりません!

こんなに美味しいチキン南蛮は、食べたことがない!

そういうわけで、2日目は宿泊していたANAホリデイ・イン・リゾート宮崎のカフェでチキン南蛮カレーをいただきました。

写真を見比べていただいてわかる通り、両方ともチキン南蛮に変わりはないのですが、また味が違います。

もうね、毎日チキン南蛮食べて味比べしようかとも考えたのですが、他のものも食べたいので、今回の旅ではこの2つだけ、いただきました。

また食べにいきたいです。

冷や汁(ひやじる)

キュウリやミョウガ、ゴマに豆腐、魚のすり身が入った冷たいお味噌汁が冷や汁(ひやじる)になります。

お茶碗に入れたご飯にかけて猫まんま風にして食べるのが一般的なようです。

ホテルの朝食ブッフェで並んでいたもので手に取ると、

冷や汁はご飯を入れて食べるものなんですよ

と親切な給仕さんがご飯をよそって渡してくれました。

いりこが香るすこし濃いめの味付けの冷や汁とご飯、これがまた合うもんで、箸が止まりません。

シャキシャキとしたキュウリとホロっとした豆腐の食感と共に味の絡んだご飯をかき込むのがほんと最高で・・

毎朝3,4杯食べてました。。

この冷や汁にも厳密な材料の定義とかはなく、おおよそキュウリと豆腐が入ったすり身入りの冷えた味噌汁でいいような感じで?お土産で売っている冷や汁のもとの種類も豊富です。

ナッツが入っているものもあります。

自宅用にナッツ入りのものを購入したのですが、これまたナッツの香ばしいかおりと甘みが味噌ととても合います。

ちなみに、こんなに美味しい冷や汁なんですが、これは県南の名物で、県北や県西では近年までほとんど食べられていなかったんだそうです。

いや、県南に行ってよかったー!

地鶏の炭火焼きとたたき

宮崎といえば、これも外せませんね。

炭火焼は、塩のみのシンプルな味付けの地鶏を豪快に炭火で焼いたものですが、これが塩加減も食感も絶妙で、こちらも食べ出すと箸が止まりません。

さて、宮崎の炭火焼といえば、どうしてか黒いビジュアルが印象的ですよね。

あれ、どうして黒いのか、ご存知でしょうか?

実はあの黒さこそがおいしさの秘密。

決して炭に漬けたり塗ったりしているわけではないです。

宮崎の地鶏の炭火焼は、網の上で高火力で一気に焼き上げます

鶏肉から滴る油を炭火に入れることで炎・煙を上げ、その中で燻し焼くことであの黒さがうまれます

高火力で焼き上げた肉はプリっとしながらもジューシーで柔らかで、さらにほのかな薫香と塩加減が鶏肉本来の甘みを引き立てるんです。

いやもう、もう一度書きますが、箸が止まりませんでした

続いて、たたき。

コレもね、もう言葉が要らない気がします。

どこから見ても完璧じゃないですか。このたたきの美味しさを語るのに、写真以外特に何もいらないのではないでしょうか。

プリっとした食感の炭火焼きに対して、たたきは、生ならではのモチっとした食感と鶏肉の甘みを楽しむことができます

なお、こちらの炭火焼きとたたきは、青島エリアにある小さな居酒屋「鳥萬」さんでいただきました。

宮崎牛

宮崎県内で肥育された黒毛和牛のうち、日本食肉協会の格付けが肉質等級4等級以上の牛肉のみが、宮崎牛のブランドを冠することを許されています。

つまり、宮崎牛の〇〇と名付けられているだけで(それが本当なら)、美味しいってことが確定しているようなもの。

私たちは宿泊していたANAホリデイ・イン宮崎で宮崎牛ステーキをいただきました。

せっかくなので専門店にも行ってみたかったですが、少し疲れていたもので。。

とは言え、ホテルのステーキが劣るわけでもなく。

おそらく短い時間に高温で焼き上げられたステーキの表面はカリッとしていながらも、中身はモニュっと柔らかい触感をキープしていて、歯を入れると甘くておいしい脂の味が口の中に広がります

幸せが広がる瞬間ですね。

辛麺

今や他府県にも広がっているので、もしかすると、お住まいの地域でも食べられるかもしれません。

辛麺といえば韓国のインスタントラーメンと思われるかも知れません。

でもこの辛麺は、そうではなくて、宮崎発祥のスタミナのつく辛くて美味しいラーメンのことです。

ミンチと卵を浮かべた赤いスープには、大量のニラとニンニクが入っていて、まるで韓国冷麺のようなもちっとした食感の「こんにゃく麺(と呼ばれているがこんにゃくは使ってない)」と一緒に箸で持ち上げていただきます。

通常のれんげと一緒に、具材だけすくえる穴あきれんげが付いているところがGoodです。

これが不思議な事に、辛いのですが、美味しくて気付けばスープも飲み干してしまうくらいなんです。

ラーメンをあまり好まないうちの妻もれんげが止まりませんでした。

ちなみに写真の辛麺は、辛麺屋桝元のものです。

醤油

九州の醤油が甘いのはご存知でしょうか?

その味は、ひょっとすると好みが別れるものかもしれませんが、これが私たちには大当たりしました。

それは、糖類や甘味料を使ってコクと甘みとトロみをつけたもので、どうしてそんなに甘いのかというと、諸説あるようです。

暑さのため消費される高いカロリー量を補うために甘くしたとか、海の幸に恵まれた土地なので、調味料1本で漁師さんが魚を美味しく食べられるように甘くしたという説です。

これが、お刺身もひと味違うものにしてくれて好印象だったのもあるのですが、自宅用に買った醤油で卵かけご飯を作ったらまた美味しくて・・

せっかくなので、違うメーカーのものをあと2, 3本買っておいて食べ比べがしたい!

そう思わせるような魅力のある醤油でした。

たまたま立ち寄った地元のスーパーには山ほど醤油が置いてあったんです。

もっと買えばよかった。。

九州へ行ったらぜひお試しください。

デザート編

チーズ饅頭(写真撮り忘れ)

角切りになったプロセスチーズが餅の皮に包まれているようなものを想像しそうですが、そんなのではありません。

それは柔らかいクッキー生地の皮の中にカスタードとチーズを混ぜたような餡が入った、宮崎名物のお菓子です。

複数の会社が出しているので、味も様々なんですが、これがどれも結構美味しいんですよね。

自分達ように購入して旅の道中でポイポイといただいてました。

楽天にあったので、ご興味があれば、商品をご覧ください。

宮崎のご当地スイーツ 『チーズ饅頭』~10個入り~宮崎発祥のしっとりとしたクッキー生地の中に風味豊かなチーズが入った、チーズ好きの間で人気のチーズスイーツ常温でも冷やしても◎

価格:1,800円
(2018/8/15 07:53時点)
感想(12件)

いきなり団子(写真撮り忘れ)

ステーキじゃないですよ、団子です。

これは熊本の名物なんですが、滞在したANAホリデイ・イン・リゾート 宮崎の売店に売ってまして、、

輪切りの芋と餡子を、小麦粉で作った薄い生地の皮で包んで蒸したものです。

これがまた、甘すぎず、こってりし過ぎず、素朴な味わいで美味しいんです。

先にも書いたとおり熊本名物で、宮崎名物では無いためか、残念ながらホテル以外で見かけることはなかったのですが、もし見つけることができたなら、1度試してみていただきたいです。

こちらも楽天に商品があったので、ご興味があればご覧ください。

くま純 熊本名物いきなり団子(10個入)熊本 お土産 熊本 土産 さつまいも お菓子 唐芋 から芋 冷凍

価格:1,620円
(2018/8/15 07:57時点)
感想(82件)

あく巻き(灰汁巻き)

宮崎県のみではなく、広く南九州に伝わる伝統的なお菓子です。

主に端午の節句の時に作られるんだそうですが、5月以降でもお土産用に結構たくさん見かけることができました。

いやはやこれは、名前だけでは見た目も味も想像できないものですね。

私も、茶色い竹の皮で包まれたこの商品を売店で発見した時には「え?あく?灰汁?おいしいの?」ってな感じでしたが、好奇心に抗うことが出来ず、購入してしまいました。

じゃん!

これが、あく巻きです。

その製法は(Wikipediaより引用)、

予め一晩ほど灰汁(あく)に漬けて置いたもち米を、同じく灰汁または水に一晩漬けておいた孟宗竹の皮で包み、麻糸や孟宗竹の皮を裂いて作った紐で縛り、灰汁で3時間余り煮て作る。

という事で、とにかく灰汁(あく)、灰汁(あく)、灰汁(あく)を使います!

果たしてどんな味なのか?

食感は柔らかくわらび餅のようでした。

ただ、そのまま食べると灰汁の味?木酢液のような香り?がして少し食べづらいので、パッケージに付属していた砂糖入りのきな粉をまぶすと…

すごく美味しくなりました。

1本しか買ってこなかったことを後悔しました。

こちらもたまたま入った地元のスーパーで数リットルの灰汁が売っていたのも納得です。あく巻きを作る用だったんですね。

こちらも楽天にあったので紹介させていただきます(ふるさと納税です!)。

【ふるさと納税】 おばあちゃん手作りの味「あく巻き」

価格:10,000円
(2018/8/15 08:12時点)
感想(0件)

最後に

いかかでしたか?

宮崎って結構ご当地名物があるんですね。

もちろん、ここで紹介させていただいた以外のものもありますよ。

気になった方は、是非一度現地に行って名物をお楽しみください。

なお、現地を旅するにはレンタカーがオススメです。

レンタカー選びは、複数の会社を一気に比較して選ぶことができるレンナビがオススメですよ。

よかったらこちらの記事もご覧ください。

【きっと得する】レンタカー借りるなら、レンナビを使ってみよう。

以上になります。

関連リンク

ANA ホリデイ イン リゾート 宮崎

鳥萬

辛麺屋 桝元

全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」