こんにちは、YuTaです。

今回は妻に贈ってとても喜んでもらえた商品についてご紹介させていただきます。

皆さんの奥さんは紅茶はお好きですか?

もしお好きなようであれば、オススメの商品があります!

これ、BASILUR TEA(バシラーティー)の「Tea Bookシリーズ」

紅茶の本じゃないですよ。

この中に紅茶のティーバッグが入っているんです。

この質の良いパッケージをご覧いただければ、もうほとんどの女性は喜んでくれるのではないかということが、おわかりかと思います。

もうこれ以上紹介は要らないかもしれませんが、せっかくなので、少しバシラーティーについての紹介をさせていただきます。

 
スポンサーリンク

バシラーティー

こだわり

バシラーティーはスリランカの紅茶ブランドで、スリランカ茶園で丁寧に摘み取られた茶葉を、本土に構える衛生管理の徹底された自社工場で1ヶ月以内に製品化した鮮度の高い紅茶を世界に提供しています。

実際、妻に贈ったTea Bookに入っていたティーバッグ(特にアールグレイ)は、香り高く、鮮度の良さを感じさせるものでした。

バシラーティーのCM

パッケージ

さて、そんな鮮度にこだわるバシラーティーは言わずもがな、パッケージにも徹底的にこだわります。

先の写真のTea Bookもその1つです。

なんでも、ロシア人の専属デザイナーが、個性的で気品漂うデザインを演出しているとのことです。

どちらかというと、最近好まれるようなビビッドな色使いとは違って、しっかりした色合いで描写の細かい絵に、なるほどなんとなくロシアを感じます。

サンタクロースのデザインや、雪が降り積もった家のパッケージなんかはまさにロシアです。

私が贈ったのは「SPECIALTY CLASSIC ASSORTED」は、フルーツや甘い香りが付いていないようなシンプルな4種の茶葉が入ったものです(詳しくは商品のリンクをご覧ください)。

多分バシラーティーの最も基本的で自慢のセレクションなんだと思います。

そのためか、パッケージもデザインもシンプル目なんですが、とにかくこの黒地と金の組み合わせと、角度によって輝く部分が変わる、細かいひび割れの入ったような光沢(こういうのなんて言うんでしょうね)がとにかく素敵です。

妻はこのパッケージを宝物のように扱ってくれて、紅茶を飲むとき以外は大切に本棚に閉まっています。

紅茶だってのに。。

紅茶をすべて飲み終えても大事な物入れに使うことも決まっているんだとか。

そこまで喜んでもらえると、私も嬉しいです。

Tea Book以外のパッケージ

さて、そんなバシラーティーのパッケージですが、先の文章に少しだけ家とか出てきたとおり、Tea Book以外にも特徴的なかたちのものが多数あります。

家の形のものに、バスケット型のもの、パッケージ自体が更にはオルゴールになったものまで。

そして極めつけは、60ピース、120ピースのティーバッグが入った木箱。

木箱には正直びっくりでしたが、こんな木箱を贈られたら、正直テンション上がるだろうな〜と思いますね。

タブで商品リンクを切り替えることができるので、どんなものか一度ご覧ください。

Tea Bookストレート缶オルゴールしずく型バスケット型木箱

最後に

いかがでしたでしょうか?

パッケージが本当に素敵なバシラーティー、紅茶好きな奥さんには大変喜んでいただけるプレゼントになると思います。

もちろん奥さん以外に、紅茶好きな方への贈り物にも素敵ですよね。

ぜひご活用ください。

関連リンク

BASILUR TEA JAPAN