こんにちは、YuTaです。

今回はカメラについての記事になります。

写真撮影を趣味にする旦那さん、男性は多いと思います。

自分の頭に描いた通りの美しい写真を残すには、やっぱりいいカメラといいレンズが必須!

でもその趣味に投資するお金って、奥さんにカメラを理解してもらっていなければ、なかなか許してもらえませんよね。

悩ましい・・

今回は、そんなお悩みを持つ旦那さんにもご協力できる内容になっていると思います。

実は私も先日カメラを購入しました。

夫婦共用の一台として、ブログ用の物撮り用として、旅行で思い出をたくさん収めるためのアイテムとして。

中古のミラーレスカメラなのですが、これが気軽に持ち運びができて、簡単にきれいな写真が撮れるもんだから、カメラは大きくて扱いが難しいものとして敬遠していた妻も大喜びで、私から見ても珍しいくらいに積極的に利用しているのです。

どんなカメラを購入したのか、また、どこが魅力的なのか、少し詳細させていただきますね。

 
スポンサーリンク

奥さんも使ってくれる小型のカメラ

GM1S

購入したのはパナソニックのミラーレスカメラ「GM1S」になります。

Panasonic GM1S

発売したのは既に5年前、2014年になりますが今でも高い評価を得ているカメラです。

というのも、GM1とそのマイナーバージョンアップのGM1Sは、ミラーレスカメラにおいてダントツで世界最小の地位をキープし続けているからです

それなのに、マイクロフォーサーズ規格を採用しているので、ある程度の画質も保証されています。

「小さいし撮れる写真もコンデジと変わらないじゃん!」なんてことはありません

撮影サンプル1(元ファイルにリンクしています)
撮影サンプル2(元ファイルにリンクしています)

キットレンズも優秀で、ワイド端が35mm換算で24mmから始まるため、人の目で見える範囲をカメラを通してそのまま撮影することができます。

フォーカスの早さは十分で、タッチシャッターにも対応しています。

我が家には一応他のミラーレスカメラがありましたが、今までの最新の機種が2012年製のものであったため、既に生産が終了しているGM1Sでさえ、そのサイズに、そのフォーカスの早さに、衝撃が走りました。

そんなGM1Sは、妻がカメラに対して抱いていたマイナスのイメージを次々に払拭していきました。

妻が気に入ってくれたポイント

小ささ

まず1番はスマホ以上、通常のデジカメ以上の画質が期待できるミラーレスカメラであるというのに、とにかくコンパクトであるサイズ感に関心。

とても気に入ってくれました。

何しろ幅を比較するとiPhone 5(iPhone SEと同じサイズ)よりも小さいんです。

iPhone5よりも幅が小さい
iPhone5との比較(上から見た図)

ここまで小さいんだから、当然軽いです。

キットレンズ、バッテリー込みでもわずか274g。

ポケットに入れることもできるし、首から下げても重くない。

その抜群の取り回しの良さが「大きくて重たいからカメラは嫌」という妻のイメージを覆しました

もちろんそれはキットレンズ及びそのくらいの大きさのレンズとの組み合わせであるからで、大きな望遠レンズ等を付けると話は変わってくるかもしれません。

でももしこのカメラで妻が写真を撮り続けて、キットレンズでは撮れない写真を求めるようになったなら、意見は違ってくるのかもしれませんね。

タッチシャッター

最新のデジカメならこれはもはや当然の機能なのかもしれないですが、GM1S(GM1)は液晶がタッチパネルになっていて、メニューの切り替えによってタッチシャッターを使うことができます。

タッチシャッター機能を搭載した液晶。

撮影モードをプログラムオート(P)もしくはインテリジェンスオート(iA)にしておけば、細かい設定はカメラがよしなにやってくれるし、シーン(SCN)にしておけば、意図した設定を選ぶこともできて、その上液晶をタッチすると瞬間的にフォーカスが合わされて撮影ができてしまうのです。

多彩な機能のモードダイアル

つまり、スマホと同じ要領で(しかも早く)シャッターを切って、スマホよりも断然キレイな写真を手に入れることができるんです。

この簡単操作もナイスなポイントでした。

これなら私にも使える!

その言葉がとても嬉しかったです。

WiFi転送

この機能も最近のカメラならさほど珍しくないのかもしれないですが、わざわざカメラからSDカードを取り出さなくてもカメラとスマホの専用アプリをWiFiでつなげば、データをスマホに送ることができます。

毎回パソコンを経由したり、スマホにアタッチメントを取り付けてSDカードを読み込むという煩わしい作業がないことはプラスのポイントでした。

WiFi経由でカメラの遠隔操作ができることもgoodです。

次の動画でWiFi接続機能の詳しく見ていただくことが可能です。

デザイン

小型かつポップなブルーの革張りデザインが、カメラ特有の構えた時の威圧感をとことんまでそぎ落としていて大変高評価でした。

背面はプラスチックですが、マグネシウムの上部と革張りの前面が作り出す質感はなかなか上質で、しっかりと所有感を満たしてくれる点も大いにプラス評価でした!

そぎ落としたデザインとブルーの組み合わせ

どうやって手に入れるの?

さて、妻にも気に入っていただけてGM1Sですが、既に書いている通り発売は2014年で生産は終了しています。

とは言え、市場には中古も出回っていますので、Amazonや楽天でも購入は可能です。

パナソニック ミラーレス一眼カメラ GM1S レンズキット ブルー DMC-GM1SK-A

中古価格
¥27,500から
(2019/2/13 07:54時点)

【あす楽】 【中古】 《良品》 Panasonic LUMIX DMC-GM1SK標準ズームレンズキット ブルー [ ミラーレス ]

価格:33,800円
(2019/2/13 07:57時点)
感想(0件)

価格コムを確認したところ新品もあるようですが、値段が高くなっているようで8万円台になっています。

新品の値段は高い

パナソニックのGMシリーズにはこの他に通常のGM1とGM5がありますが、どれも生産は終了しており、適正な価格で新品を入手することは難しいかもしれません。

同じようなカメラはないの?

もしGMシリーズの中古品に抵抗がある場合は、同じパナソニックのGFシリーズをオススメします。

GF9やGF10であれば2019年2月の現在でも新品は購入可能です。

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF10 ダブルレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 ホワイト DC-GF10W-W

新品価格
¥72,050から
(2019/2/13 08:04時点)

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF9 ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 シルバー DC-GF9W-S

新品価格
¥53,900から
(2019/2/13 08:05時点)

さらに前の機種GF7も購入できますね。

パナソニック ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T

新品価格
¥53,400から
(2019/2/13 08:08時点)

GM1と比較すると、どれも少しサイズが大きくなりますが、より新しい機能が搭載されていることと、自撮りにも利用できる可動式液晶(バリアングル液晶)が付いていることが魅力です。

所感・まとめ

なんとなくですが、マイクロフォーサーズ×パナソニックという組み合わせには、カメラの玄人ほど敬遠するのではないかというイメージがあります。

しかしながら、GM、GFシリーズのその機動力と案外いい画質を知った方には愛用され続けている方が多くいることを知りました。

そして実際に私も妻に使ってもらって、その良さはカメラを使わない人にも伝わるもので、よくできたものだなと関心しました。

そもそもエントリー機であり、そういう人に使ってもらうために作られたものであると思うので、よくできているのは当然かもしれませんが。。

個人的に感じる欠点としては、手の大きな人が触ると、ホールド時にたまに液晶に触れてしまって、意図せぬ動作をすることでしょうか。

まとめます。

きっとみなさんの奥さんも次のような点を気に入ってもらえると思います。

  • 首から下げても重くないうえポケットにも入る小型さ
  • スマホと同じように使えてスマホ以上の写真が撮れるタッチシャッター
  • SDカードを取り出す手間がかからないWiFi転送
  • 威圧感のないデザインと所有感を満たす高い質感

また、製品については次の通りです。

  • GMシリーズは生産が終了している
  • 中古品に抵抗がある方にはGFシリーズがオススメ

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

パナソニック ミラーレス一眼カメラ GM1S レンズキット ブルー DMC-GM1SK-A

中古価格
¥27,500から
(2019/2/13 07:54時点)

【あす楽】 【中古】 《良品》 Panasonic LUMIX DMC-GM1SK標準ズームレンズキット ブルー [ ミラーレス ]

価格:33,800円
(2019/2/13 07:57時点)
感想(0件)