マレーシアで食べたバクテー

こんにちは、YuTaです。

いきなり勝手な想像なんですが、マレーシアに旅行して不思議な料理「肉骨茶(バクテー)」と邂逅した人のほとんどは、その滋味深い味に魅了され虜にされたことと思います。

そして日本に帰ってもあの味が忘れられなくて日本で肉骨茶が食べられるところを探すのです。

肉骨茶にはシンガポール式とマレーシア式がありますが、見つけられるのはシンガポール式が圧倒的に多い。

仕方なくシンガポール式を食べに行くのですが、期待を裏切る色白スープに残念な思いをすることでしょう。

あの滋味深い味はどこ?

胡椒の味だけじゃ全然満足できません。

マレーシア式肉骨茶を食べた人の身体は、シンガポール式で満たされることはできなくなってしまうのでした。

実は私たちがそうだったんです。。

そういうわけで、京都でマレーシア式肉骨茶が食べられる店を探しました。

そしたらまず出てくるのが「biji(ビジ)」というお店です。

結論から言いますと、ここの肉骨茶は大正解マレーシア式肉骨茶を求め飢えていた私と妻の胃を滋味深い茶色いスープで満たしてくれました。

調べたらこんなにすぐに出てくるのに、どうしてさっさと行かなかったのかといいますと、少し高いなと思ったからでした。

当然のことながらマレーシアと日本では物価が違います。

でもそこに引っかかって行くのを渋っていたとはバカみたい・・・

いざ行って食べてみたら美味しくてお腹一杯になれるコースで、これが本当に行く価値あり!だったのです。

それでは早速お店に行ってみましょう。

お店のトビラを開けたあなたは、すぐさま漂ってくる香辛料が複雑に混ざった香りに再会のトキメキを覚えます。胸がキュンとすること間違いなしです。

席に座ってしばらく待っていると、鍋より先に薬味と醤油がやって来ます。

刻んだ生のニンニクと、チリを小皿に乗せて、醤油を垂らしてタレを作ります。

コレですコレ、更に期待が高まります。

小皿の醤油に指が伸びることでしょう。

甘辛いですよ~、試してみてください。

あと少しだけ我慢したら、肉骨茶がやって来ました。

あくまでマレーシア式にこだわった「オリジナル」であるので、レタスやしめじ、厚揚げの入ったそのビジュアルに最初は勘違いしてしまうかもしれません。

bijiのバクテー

でも大丈夫、bijiの肉骨茶はあなたの期待に応えます

野菜をつまみ、豚肉をつまみ、タレにつけて口に運んでみてください。

20種類の香辛料からなる滋味深い味が口の中に広がり、喉を通って身体に染み渡ります。

そして思い出すことでしょう。

あの日見たペトロナスツインタワーを、ボルネオの自然を、ペナン島の史跡を。

もうね、優勝

した気分です。

モスクの屋根のようにまん丸に盛られたご飯につけ過ぎたタレをポンポンと落として茶色くなったご飯がまた反則級のおいしさで、箸が止まりません。

しかしこの時点の肉骨茶のスープは、味が薄いのです。これは一見マイナスポイントに思えます。

やはり本場には…と考えてしまうのですが、それは違う。

実はこの薄さは、後々スープを飲み干すための大胆な布石であったのです。

肉骨茶を食べ終えると、豚肩ロースと水菜のしゃぶしゃぶです。

漢方スープでしゃぶしゃぶしてニンニクとチリの効いた甘辛ダレで豚肩ロースのシャキシャキの水菜をいただきます。

これはまさに日本ならではのアレンジです。

言うなればマレーシアの地に日本が建てたペトロナスツインタワーのタワー1です。

これもおいしいんです。

でもそれすら実は最後の舞台への布石であったのです。

しゃぶしゃぶの次には、残ったスープに中華麺が投入されます。

この時点のスープは、しゃぶしゃぶの豚肉から出た旨味を含んでいます。

しかしそれでも味が薄いわけですが…

麺と同時に塩を渡されます。

ところどころに黒い粒が見える塩です。

胡椒ではなさそうです。

仮にこれをマジカルソルトとします。

このマジカルソルトを器に注いだスープに適量溶かすと、なんということでしょう!

薄かった味のスープが抜群に美味しくなりました。

そこに更にさっきまで使っていたタレを入れると更に美味しくなります!

薬膳スープ×マジカルソルト×甘辛ダレの三連星、もうこうなるとスープが止まりません

器に麺を取り入れたらスープを注いでマジカルソルトを振り、タレを混ぜ入れ胃に流し込む。この流れの繰り返しが止まりません。

惜しむらくは、スープが湧き出てこないことでした。

全部飲み干してしまいました。

最初にも書きましたが、大正解の肉骨茶コースでした。

早くもまた食べに行きたいです。

京都に帰ってもマレーシア式の肉骨茶の味が忘れられない方、いかがでしょうか。

■追記

バクテー作りました。

え!?自宅で作れるの?と気になった方はぜひご覧ください。

作ると奥さんが喜んでくれるかもしれない料理「バクテー」