7月になって更に暑くなってきましたね。

我が家ではついにエアコンが稼働し始めました。

それでも暑くて、身体がだるくて、動くのもしんどい日々・・・これからもっと暑くなるので、しっかり対策をとっていきたいですね。甘酒を飲みましょう!

甘酒といえばお正月やひな祭りなど寒い時期に飲むものというイメージがあると思いますが、実は甘酒を一番飲みたい季節な夏なのです。甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほどに栄養価が高く、夏にピッタリの夏バテ防止飲料なのです

そんな「飲む点滴」、甘酒を飲んで暑い日々を健康的に過ごしましょう。

スポンサーリンク

■甘酒が夏バテに効く理由

お米と麹菌の発酵から作られる甘酒には、その過程で次のような栄養素が溶出されます。

  • ビタミンB
  • アミノ酸
  • ブドウ糖

ビタミンB群には、市販のサプリで補強するような、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオンなどが含まれています。

アミノ酸は、食事で摂取することはできる「必須アミノ酸」と呼ばれる9種類のアミノ酸を網羅しており、しかもその他のアミノ酸も摂取することができます。

ブドウ糖は太りにくく、すぐにエネルギーとして利用できる糖分です。

よく夏バテ時の栄養補給に使われる点滴はブドウ糖溶液とビタミン溶液、アミノ酸溶液が含まれており、って、点滴と甘酒から摂取できる栄養素と同じじゃないかーー!

これが甘酒が夏バテに効く理由です。

■2種類ある甘酒

でもちょっと待って!甘酒には2種類あるんです。一つは上で説明しているお米と麹菌で作るもの。もう一つは酒粕と水と砂糖で作るもの。

それぞれに良さはありますが、先にも書いているとおり、ここで紹介している甘酒はお米と麹で作ったものです。ここに書いている栄養素は前者のお米と麹で作った甘酒にしかありません。間違わないようにご注意ください。

また、後者の甘酒には若干クセがあり、アルコール分が残っているものもありますね。

  1. お米と麹で作った甘酒 → 飲む点滴
  2. 酒粕と砂糖で作った甘酒 → 違う

■お米と麹の甘酒はどこで買えるの?

昔は甘酒は夏になると商人が売り歩いていたらしいのですが、今はそんな姿を見ることはありませんよね。では甘酒はどこで買えるのでしょう。

もちろん、コンビニでも購入することはできます。でもコンビニで買える缶やパックに入った甘酒には増粘剤や酸化防止剤が入っていたいり、苦みや酸味があったりするものがあるんですよね。

僕が一番オススメしたいのは酒造メーカーの直売店や提携の酒屋さん限定で売られている甘酒なんですが、これもそうそう買いに行けないですよね。

でも今はネットがあって、たくさんの酒屋さんがネットで甘酒を販売していますよね。今はネット買うのがオススメです。きっと一つ一つ味も違うはずです。夏バテ対策しながら違いを楽しむのもいいかもしれませんね。

奥飛騨 甘酒 900ml

価格:780円
(2017/7/2 21:56時点)

【6月30日までポイント5倍】米麹の甘酒 無添加 糀屋藤平の甘酒 720ml×6本【契約農家秋田県あきたこまち100%使用】【ノンアルコール、砂糖不使用】

価格:4,428円
(2017/7/2 22:02時点)
感想(4件)