今仮想通貨が流行っていますよね。

ビットコインが○倍になって、200万円儲けた!

あ゛ー、ビットコイン暴落、、俺の10万円が〜

とか、そんなツイートを見た奥さんには、ハイリスクながらも生活を一変する可能性に胸のうちを熱くする人もいるのではないでしょうか。

仮想通貨ってどうなん?

ビットコイン持ってる人いる?

そんなことを聞いてくるようになった時、あなたは正しいことを奥さんに教えてあげることができますか?

正しい知識をつけて、きちんと奥さんに説明できるようにしましょう。

仮想通貨取引自体は、決して悪いものではありません。値動きは激しいですが、ハードルが低く、投資を学び始めるにはいい機会にもなるはずです。

 
スポンサーリンク

仮想通貨・ビットコイン・アルトコイン

仮想通貨とは

2016年に成立した新資金決済法の下では、仮想通貨は

不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(Wikipedia)

とされています。

難しい!!

円やドルなど、特定の国による価値の保証を持たない、かたちを持たないデータ状の通貨が仮想通貨です。

世界では暗号通貨(Cryptocurrency)という呼び名が主流です。意味に違いはありません。

暗号通貨の名前の通り、暗号理論を用いて、取引や、新たな発行の安全性を確保しています。

2017年末時点で、すでに1000を超える数の仮想通貨が存在しています。

また、一応書いておくと、電子マネーとは全くの別物です。

ビットコイン

1000以上ある仮想通貨の1つです。

仮想通貨=ビットコインではありません。

ビットコインは、2008年にナカモトサトシという人が投稿した「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文から始まりました。

P2P(Peer-to-Peer:個人間取引)が正確に行うことができて2重支払いが発生しない仕組みがビットコインです。

初めてビットコインでの取引が成立したのは、1万ビットコインと1枚のピザとの交換でした。当時それはジョークとも言えるような行為でしたが、1つ交換が成立した瞬間からビットコインが価値を持ち始めました。

2017年末時点での1ビットコインの価値は約164万円になります。今ならピザを売った人は億万長者ですね。

ちなみに、ナカモトサトシは漢字では中本哲史と書きますが、日本人であるかも不明な人物だそうです。

アルトコイン

仮想通貨に触れ始めると、アルトコインという言葉も耳にするようになります。これもビットコインと同じく1000の通貨のうちの一つ…

ではなくて、アルトコインは、ビットコイン以外のすべての仮想通貨のことを指します。

日本人以外が外国人とまとめられるのと同じ感じですね。

「Alternative(代わりの、代わりとなる)」の頭の3文字+coinでアルトコインです

ビットコインから分裂した「ビットコインキャッシュ」や「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」など、様々なコインがあります。次の画像は仮想通貨のうちのほんの一例です。

仮想通貨のいいところ、注意するところ

仮想通貨のいいところ

非常に価値の安定した通貨である日本円を使用する我々日本人からすると、値動きの激しい仮想通貨は、今のところ投機の対象としての認識が大きいものですが、世界にはまだまだ突如自国の通貨の価値が半減するような国もあります。

そういう国の人からすると、自身の資産をビットコインに変えておくだけで、自国の通貨価値の減少から資産を守ることができるのです。

実際に、ハイパーインフレが起こって自国通貨の価値が約500分の1になってしまったベネズエラでは、資産をビットコインに変えていたことで以前と変わりない生活を送ることができている人がいます。

また、日本では銀行の口座を持っているのが当たり前ですが、世界には銀行の口座を持つことができない人がたくさんいます。仮想通貨はそういう人たちでもスマートフォンさえ持っていれば受け取ることが可能です。

その特性から、WFP(国際連合世界食糧計画)では、アルトコインの一つであるイーサリアムを利用して難民支援を行っているそうです。

先に書いた通り、日本では投機の対象でしかないような仮想通貨ですが、世界ではこのように新たな通貨として重要な機能を持ってきているのです。

決して怪しいものとして簡単に消えてゆくようなものではないと思いませんか?

仮想通貨の注意するところ

とはいっても、一気にお金を投資しすぎると、換金した仮想通貨がなくなってしまったり、販売所がつぶれてしまったり、データが盗まれたり、そのような危険性は0ではないことは確かです。投資は自己責任で。仮想通貨投資を楽しむのであれば、責任をもって注意を払いながらにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。これで仮想通貨について奥さんから聞かれてもまずは問題ないはずです。もっと詳しく知りたければ、書籍を買ってみましょう。

次の書籍は簡単に読むことができて、仮想通貨投資の第一歩にもオススメだと思います。リスクの少ない投資の仕方も書いてあるので、良ければご覧ください。

5000円ではじめる仮想通貨投資入門

新品価格
¥1,620から
(2018/1/4 17:00時点)